先日、英2部の試合で味方同士が乱闘騒ぎを起こし、2人とも退場させられてしまう珍事があった。

そんななか、その2人が所属するプレストン・ノース・エンドが驚きの声明を出した。

退場したジャーメイン・ベックフォードとオーエン・ドイルに対し、クラブとして罰金を科したという。そして、そのお金でこの試合を観るためにアウェイまで駆けつけたプレストンファン全員のチケット代を払い戻すと発表したのだ。

サイモン・グレイスン(プレストン監督)

「シェフィールド・ウェンズデイに行ったファンたちは、ジャーメイン・ベックフォードとオーエン・ドイルの行動によって失望を味わった。

2人に科された罰金は、この試合のチケット代を払い戻すことに使うのが正しい」

また、2人は自分たちの行為について謝罪する共同声明も出している。