また、フラム時代の同僚だったディミータル・ベルバトフについてはこう語っている。

ブレーデ・ハンゲラン

「あんなにも多くマッサージに行く選手は一度も見たことがなかったね。

練習よりもマッサージを受けているほうが多かったのは確かだね。保証するよ。

マッサージをしていたのは自分の友達だったからね。

筋トレの際は毎回、彼はマッサージを受けていたよ。

長いシーズンが終わると、選手たちはフィジコに贈り物をするもんなんだ。

ディナーに連れて行くのは最低限みたいなものだし、いくらかのお金を渡すこともある。

彼らは僕らがパフォーマンスできるように何年も何時間も取り組んでくれるんだからね。

(お返しをするのは)いい伝統だ。

でも、ベルバトフに何百時間もマッサージした彼は何も貰えなかった。かなり怒っていたよ」