FAカップ5回戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦することが決まったブラックバーン。4回戦ではブラックプール(4部)を2-0で撃破したのだが、凄いゴールが生まれていた。

前半22分にMFエリオット・ベネットが叩き込んだ一撃がこれだ。

27メートルほどの距離から豪快なドライブシュートを叩き込んだのだ。これはゴラッソ!

ベネットは1988年生まれの28歳。ノリッジ時代にはプレミアリーグでもプレーしており、正確なセットプレーやパワフルなミドルシュートを武器とするサイドアタッカーだ。弟のカイルもプロサッカー選手。

この試合のMan of the matchに選出されたベネットについて、オーウェン・コイル監督は「あのゴールはあれだけで金を払う価値があった」と讃えていた。来月対戦するユナイテッドも要注意かもしれない。

ただ、ブラックバーンは現在2部で降格圏に低迷中。『Dailymail』によれば、この試合でもサポーターたちがオーナーに対する抗議活動を行っていたそうだ。