ジョゼップ・グアルディオラ

(ゴルフから学ぶことはある?)

「自分との競争だ。もちろん、これは精神的に厳しいゲームだと思う。他のスポーツの監督が言っていることからも多くを学べると思っている。

次に打つショットがもっとも重要だ。過去に何が起こったか、前のショットはどうだったか、それは良かったのか悪かったのか。そんなことはどうでもいいのだ。

ルーティーンを作ることはいつも重要だ。どこで何が起こるかは問題ではない。これは自分の試合だ。対戦相手からの影響もない。

ゴルフが魅力的なのはそこだ。そして、だからこそ私は愛している」

「ゴルフではボールはここにある。サッカーでは常に動いていて、相手もやってくる。そこは完全に違っているね。

ゴルフは孤独なスポーツだ。チームメイトもいない。

同じ選手が2~3連勝するのを見るのは稀だ。タイガー・ウッズは9~10連勝したが、もはや不可能に近いことだと思う。それは、ゴルフで勝利することがどれだけ難しいかを示しているよ」

(アブダビでの休暇中、アシスタントのブライアン・キッドとゴルフをしたね?)

「もっとも重要なのは、選手が私のラウンドを見なかったこと、私も選手を見なかったことだね。

ブライアン・キッドと私は美しいコースで素晴らしい試合をした。そして彼は私を破った。彼は素晴らしいゴルファーだね。英国人だからな。イングランドの選手で、ゴルフが下手な者には会ったことがないよ」