水曜日のヴィレムII戦で決勝ゴールを決めたADOのハーフナー・マイク。

8日に行われた30節フローニンゲン戦でも、チーム3点目のゴールを決めた。

マークを掻い潜ってファーサイドでフリーとなり、右サイドからのクロスを難なくヘディングで押し込む!

これが3試合連続となる今季7点目で、出場した直近の5試合では4点目となった。一時はゴール欠乏症に陥り、ウィンターブレイク中には病気を患ったハーフナーだが完全復活といえる活躍ぶりだ。

さらにチームもこの試合を4-3で勝利し3連勝と、残留へ大きく前進している。