欧州主要リーグは今シーズンがほぼ終了した。

ここでは、『Squawka』による「6大リーグで今季初めて20試合以上に出場した若手のなかで最もブレイクした11人」の面子を見てみよう。

GK:ジョーダン・ピックフォード

ジョーダン・ピックフォード<

所属/年齢:サンダーランド/23歳

キースタッツ:今季プレミア9試合を欠場したものの、リーグ2位となる141セーブを記録

寸評:これまで6度のレンタルを経験してきたピックフォードだが、GKヴィート・マンノーネの怪我によりプレミアリーグでプレーするチャンスを得た。それを最大限に生かし、降格したチームにあって獅子奮迅の働きを見せた。

RB:ベンヤミン・ヘンリヒス

所属/年齢:レヴァークーゼン/20歳

キースタッツ:今季ブンデスでチームトップとなる74回のタックルを記録

寸評:昨季後半戦から出番を得始めたヘンリヒスだったが、今季主要メンバーへと成長した。右SB、左SB、そして守備的MFであろうと、年齢以上の成熟度を見せつけた。CLとブンデスリーガでも印象的なパフォーマンスを披露した。

【次ページ】守備陣は…