CB:ムクタル・ディアカビ

ムクタル・ディアカビ

所属/年齢:リヨン/20歳

キースタッツ:今季チーム最多となるクリア数(135)、シュートブロック(14度)を記録

寸評:リーグアンでは平凡な滑り出しとなったリヨンにおいて、ディアカビは10月のCLユヴェントス戦で注目を浴びた。同大会において先発した最年少CBとなったのだ。

その後はリヨンのCBとしてファーストチョイスとなり、ELでも8試合で3ゴールを叩き出すなど準決勝進出に貢献した。

CB:マラング・サール

所属/年齢:ニース/18歳

キースタッツ:今季のリーグアンで1,569本のパスを通し、成功率は90%を記録

寸評:U-18フランス代表のキャプテンでもある彼は、レンヌとのデビュー戦でいきなり決勝ゴールを決め、夢のような形でプロキャリアをスタートさせた。

その後も成長を続け、3バックの左CBとしてプレー。パスの配球、ボールの持ち出しなどで印象的なパフォーマンスを披露し、チームのリーグアン3位に貢献した。

LB:テオ・エルナンデズ

所属/年齢:アラベス(アトレティコからローン)/19歳

キースタッツ:今季のリーガでDFではトップとなる63度のドリブル突破に成功

寸評: 左サイドでのエネルギッシュで推進力あるプレーにより定位置を確保。素晴らしいドリブルスキルを持つほか、21度のチャンスクリエイト、55回のタックルを決めるなど、モダンなサイドバックを体現するようなスタッツを残した。

卓越したパフォーマンスによって、レアル・マドリーへの移籍が迫っているとも。

【次ページ】中盤は…?