2位:ウイニングイレブン6(2006年、PS, PS2, GameCube)

パブリッシャー:コナミ

数あるウイニングイレブンのシリーズの中で最も素晴らしいバランスを作り上げたのは、2006年にリリースされたバージョンだろう。

コナミの10年に渡るサッカーゲーム開発の重大な集大成であり、ベッカムやアンリのようなスターのフォームを再現したり、素早く自由な動きを可能にしたり、様々なシステムが導入された。

本物のサッカーに近づけることが、本当にゲームの楽しさに繋がるか?それは、ウイイレ6が教えてくれる。

1位:センシブル・ワールド・オブ・サッカー(1994年、アミーガ, XBOX, PC)

パブリッシャー:センシブル・ソフトウェア

伝説的サッカーゲームと言えるセンシブル・サッカー。神のように崇められるスピード感、自由度。軽やかな操作感覚。

このシンプルな映像のゲームは今でも多くのファンに愛されており、世界大会も毎年開かれている。

ゲームの進化は楽しさを高めているのかどうか?それはこのセンシブル・サッカーを遊んでみれば、答えは出るはずだ。

なお、今でも新しいデータが有志によって配布されており、XBOX Liveアーケードでも配信されている。ただ、そこでは残念ながらデータは偽名になっているが…。