先日、今季限りでの現役引退を発表したアンドレア・ピルロ。

2015年からアメリカ・メジャーリーグサッカーのニューヨーク・シティFCでプレーしてきたが、ついにスパイクを脱ぐことに。

そして、『La Repubblica』によれば、彼はこの後しばらく休息を取り、イタリアに戻ってくる予定だという。

その後の選択肢については3つが報告されている。

一つはイタリアサッカー連盟の意向で、代表チームのスタッフとしてワールドカップに参加するのではないかということ。

また古巣であるユヴェントスに戻り、ダヴィド・トレゼゲとともにクラブの大使として働き、レジェンズチームの一員として親善試合をプレーする可能性もあるとのこと。

さらに、深い関係を持つアントニオ・コンテ氏がチェルシーに呼び寄せるのではないかという説もあるようだ。

もしユヴェントス・レジェンズに参加するとなれば、毎年日本で親善試合を行ってくれるかもしれない!