『Express』は25日、「マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFマルアヌ・フェライニは、中国への移籍を求めている」と報じた。

今季限りでユナイテッドとの契約が満了となるフェライニ。クラブ側は延長を打診したが、選手側がそれを拒否したという。

移籍の噂は継続的に流れており、トルコのベシクタシュが強い関心を持っていると言われていた。

しかしフェライニには現在中国のクラブからのオファーが届いており、1月1日から正式に交渉を始めるつもりであるという。

関係者

「フェライニはマンチェスター・ユナイテッドとの契約を延長しないだろう。

彼は中国からのオファーを受けており、より多くのお金を求めて退団することができる」

このコメントによれば、マンチェスター・ユナイテッドで貰っている以上の給与が中国で受け取れるようだ。

中国では今年外国人選手の獲得に100%の税金が加わったが、フリーエージェントであれば給与のみの負担で済む。

そのため、今冬は契約満了になる選手に対してのアプローチが激しくなるだろうと予想されている。