大手電機メーカーのシャープ(SHARP)は25日、J1セレッソ大阪とスポンサー契約を締結したことを発表した。

契約期間は今年の1月1日から12月31日までの1年間で、ロゴの掲出や各種プロモーション活動のほか、超高精細画質「8K」に対応した液晶ビジョンをスタジアムなどに導入する協議を開始するという。

シャープといえばかつてマンチェスター・ユナイテッドの胸スポンサーなどを務めていたが、公式Twitterは、

とつぶやいていた。

なお、国内のスポーツ分野で同様の契約を結ぶのは初めてとのこと。