これまでバレンシア、リヴァプール、レアル・マドリーなどを率いてきたスペイン人監督ラファエル・ベニテス。

57歳になった指揮官は、現在プレミアリーグでニューカッスルを率いている。

すでに32年もの監督キャリアがあるが、本人は70歳まで監督を続けるつもりだとか。

『BBC』によれば、こう語ったという。

ラファエル・ベニテス(ニューカッスル監督)

「自宅にいる時、キッチンの皿やコップを『4-4-2』にしてしまうんだ。

家族からは『もう行って』と言われるよ」

自他ともに認めるサッカー狂であり、「自分が普通の人生を送れるとは思えない」とも述べているそう。

ちなみに、 現在の奥さんと最初にデートした際にも「4-4-2」の話をしたほどの筋金入り。