「私は大きな野心を持っている。

しかし、私はチェルシーのために使えるお金を持ってはいない。

クラブは私のアイデアが何であるかを知っている。私の野心がどのようなものか。

そのようなタイプの監督と働くことを決めたのならば、その野心を受け入れて、理解しなければならない」

「昨季は素晴らしい仕事をした。我々は大きな驚きを与える存在だった。

しかし、その後も監督とともに重要な何かを構築し続けなければならない。

マンチェスター・シティは、このシーズンの序盤でもうタイトルを獲得したようなものだ。

それは、私にとっても、選手にとっても、チェルシーにとっても巨大な不満であるべきだ。

チェルシーという名前を持つのならば、最後まで戦い続けようとしなければならない」