アーセナルで期待される若手選手のひとりであるエインズリー・メイトランド=ナイルズ。アーセン・ヴェンゲル監督からも評価される20歳のU-21イングランド代表選手だ。

彼の母親の話題を『Daily Mail』などが伝えている。それによれば、38歳になる母ジュール・ナイルズさんは、ここ3か月ほどホームレス状態になっており、コンテナのような場所で寝泊まりしているという。

息子エインズリーと仲違いしてしまったことがその原因だそう。アーセナルの新星は週給3万ポンド(435万円)を稼いでいるものの、母親の身元引き受け人になることを拒んでいるという。

ジュール・ナイルズ

「窓もカーペットもない金属製のコンテナで、トイレや洗面設備もない。

息子エインズリーなら、2週間か2か月ほどの給料で私に住居を買うことができる。

でも、お金が彼をのぼせ上がらせ、私はこの状況にある。

息子はアーセナルでプレーしているのに、私はホームレスでトランクルームに住んでいる。これは家ではない」

アーセナルとエインズリーはコメントを拒否しているというが、彼に近い関係者によれば、母親がコンテナで生活していることを知らなかったそう。そして、現在は母に仕送りをするようになったようだ。

なお、エインズリーの母親はチームスタッフを殴って逮捕されたりローン先の監督に酷いボイスメールを送りつけて、息子が干される事態を引き起こした人物でもある。