本田圭佑がプレーするメキシコで驚異的なスピードを叩き出した選手が話題になっている。

後期リーグ第11節、ロボス対チバス・グアダラハラ戦でのワンシーンがこちら。

Robando carteras jajajajajja 💨💨💨💨💨⚡️⚡️⚡️⚡️⚡️
Luis Advinculaさん(@luisadvincula16)がシェアした投稿 -

1人の選手が驚異的なスピードを見せて、ボールホルダーに追いついた。彼はロボスに所属するペルー代表DFルイス・アドビンクラ。この動画は本人がInstagram上にアップしたものだ。

アドビンクラは1990年生まれの28歳。スピードと顔立ちから“ボルト”の愛称を持つ選手だ。もとはサイドアタッカーだったが、現在ではハードワークする右サイドバックに。

『RPP』では、このプレーでアドビンクラはサッカー史上最速選手になったと伝えている。

68.5メートルを6.82秒で駆け抜けており、時速にすると36.15km/hに達していたとのこと。これはギャレス・ベイルの35.7km/hを上回り、史上最速だとも(アリエン・ロッベンが最速という説もある)。

アドビンクラはW杯南米予選で8試合に出場。本大会でもその驚異的なスピードを見せてくれるだろうか。