『Sportskeeda』は31日、「マーカス・ラッシュフォードが成長のためにマンチェスター・ユナイテッドを離れなければならない5つの理由」という記事を掲載した。

2015-16シーズンの後半戦でデビューを果たし、ファン・ハール体制での最大の発見となったラッシュフォード。

しかしジョゼ・モウリーニョ監督の就任後は大型補強の煽りを受けており、ストライカーとしては本領発揮とはいかず。

今年21歳になる彼がユナイテッドを離れるべき理由とは?

ユナイテッドの資金力が高すぎる

ポール・ポグバ マンチェスター・ユナイテッド

これは、マンチェスター・ユナイテッドの才能豊かな若者の大半が敗れてきた理由であり、その歴史はラッシュフォードにも繰り返される可能性が高い。

ユナイテッドは世界中の最高の選手を自然と獲得できる。そんな相手と全面的に競争しなければならない。

それはラッシュフォードにとってファーストチームのレギュラーになるための障害となり、才能の開発を妨げる。

マイケル・キーンやアンドレアス・ペレイラ、かつてのポール・ポグバらが失望を経験してきた。