モウリーニョは自分が言うほど若手育成がうまくない

ジョゼ・モウリーニョ マーカス・ラッシュフォード

ジョゼ・モウリーニョが若い選手を育てることに苦労しているのはよく知られている事実だ。経験ある選手を買うことを好み、それを一貫して行っている。

誰もが自身の管理スタイルを持っている。モウリーニョは長年に渡って成功を収め、信頼を受けてきたが、育成については辛抱強さを欠いている。

サッカーは絶え間なく進化しており、このところは全世界的に才能ある若手をステージに送り出すことが「流れ」となっている。

ラッシュフォードは確かに出場時間は得ているが、理想からは遠く離れている。

現在彼はアレクシス・サンチェスの側近という立場を受け入れなければならない状況にあるのだ。ラッシュフォードの方が期待できるときでも。