欧州の主要リーグが次々に採用しているビデオ・アシスタント・レフェリー制度。

しかし、世界で最も注目度の高いプレミアリーグでは新シーズンからの導入を見送ることを発表した。

その理由は一部クラブからの反対であったとされているが、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督はこの決断に納得できないようだ。

ヴェンゲル監督は今回の見送りについて「とてもひどい判断」と批判。

その上で、「プレミアリーグがヨーロッパの先頭になることを願う」と話しながら、同リーグが世界から時代遅れになることを危惧した。