ユナイテッドの右ウィング問題の解消

ユナイテッドの右ウィング問題の解消

ジェシー・リンガード、フアン・マタ、マーカス・ラッシュフォード、アントニ・マルシャル、アレクシス・サンチェス。彼らは右ウィングに配置されながら、誰も期待に応えられなかった。

ユナイテッドの右サイドはシステム上の泣き所かもしれない。また、来季全コンペティションで優勝を狙うために、モウリーニョはこの問題を解決しなくてはならない。

上記の選手たちのなかで、ワイドでボールを受けて右のタッチライン際に沿うことを好む選手はいない。彼らは全員がカットインしたがるため、右SBアントニオ・バレンシアに過度なアップダウンを強いることになる。

一方、ウィリアンは状況に応じてサイドに留まるのかカットインするのかを判断するバランスに優れる。

また、彼の高いワークレートもモウリーニョにとって大きな援助になるだろう。ウィリアンならユナイテッドの右ウィングにすんなり収まり、攻撃をより危険なものにするはずだ。