13日、ワールドカップの初戦を2日後に控えるスペイン代表がフレン・ロペテギ監督を解任した。

4月に起きた日本代表ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の更迭騒動は世界でも驚きをもって伝えられたが、優勝候補の筆頭とも目されるチーム、それも開幕前日という時期での解任劇は、それを遥かに超えた大会史に残る衝撃というほかない。

そこで今回は、4月9日に配信した「W杯まで半年以内に監督交代した12チーム、その結果とは」を再編集しプレイバックとしてお届けしよう。

これらは1994年以降の限定だが、本大会と同じ年に指揮官を変えたチームの成績はどうだったのだろうか。

2010年ナイジェリア

サイブ・アモドゥ→ラーシュ・ラガーベック

W杯:1分け2敗、GL4位(敗退)

ラーシュ・ラガーベック ナイジェリア

2010年コートジボワール

ジョージ・クアディオ→スヴェン=ゴラン・エリクソン

W杯:1勝1分け1敗、GL3位(敗退)

スヴェン=ゴラン・エリクソン コートジボワール

2006年トーゴ

スティーブン・ケシ→オットー・フィスター

W杯:3敗、GL4位(敗退)