2014年ブラジル大会で準優勝となったアルゼンチン代表。

今大会は1986年以来3度目となる優勝を目指して臨んだが、開幕戦で伏兵アイスランド代表に引き分けると、前節はクロアチア代表に0-3で完敗。

26日に行われるナイジェリア戦で勝利しなければ敗退決定という、絶体絶命の瀬戸際に追い込まれている。

そんな瀕死の母国を救うのは誰か?3選手を選んでみた。

パウロ・ディバラ

パウロ・ディバラ

他国がうらやむほどのアタッカー陣を擁するアルゼンチン。だが、だからこそ組み合わせに苦慮している。

メッシとディバラはあきらかにプレースタイルが被っており、メッシ自身も共演の難しさを認めている。 それでも、この若きレフティは苦しむチームのなかで可能性を感じさせる選手のひとりであり、ベンチに置いておくのはあまりにも勿体無い。

もしこの天才2人が“融合”できれば、チームを救うソリューションになりうるはずだ。