2014年のアルゼンチン代表型「4-2-3-1」

2014年のアルゼンチン代表型「4-2-3-1」

時には最もシンプルなフォーメーションが理に適っていることもある。

ほぼ全ての欧州クラブはどこかの時点で「4-2-3-1」によるプレーを経験しており、これに頼っているところも少なくない。

アルゼンチン代表も2014年W杯でこのシステムを用いて決勝に進出した。

ビグリアはバネガよりも守備的にソリッドで、中盤をナイジェリアに支配されることを阻害できる。

ただ、このシステムではプレーエリアが被りがちのディバラとメッシの共存問題はそのまま残る。それでも、その明瞭さゆえにアルゼンチンはこの4-2-3-1システムを考慮すべきだろう。