フランス代表の優勝で幕を閉じた2018年のワールドカップ。VARが初めて導入された今大会では、全64試合で計169ゴールが生まれた。

スコアレスドローはわずか1試合で、1試合平均では2.64得点が決まるという大会でもあった。

では、どのクラブチームの選手たちが最も多くの得点を決めていたのか。それは、トッテナムとPSGの2チームで、それぞれ12ゴールを記録したようだ。

▼2018年W杯でゴールを決めたトッテナム所属選手

ハリー・ケイン(イングランド代表FW):6点

ソン・フンミン(韓国代表FW):2点

クリスティアン・エリクセン(デンマーク代表MF):1点

キーラン・トリッピアー(イングランド代表DF):1点

デル・アリ(イングランド代表MF):1点

ヤン・ヴェルトンゲン(ベルギー代表DF):1点
ヤン・ヴェルトンゲン

日本戦でゴールを決めたヴェルトンゲンや得点王となったケインなど6選手がゴールを記録。