『Planet Football』は、「もっと大きなクラブに移籍することが出来たのに、それを選択しなかった11名の選手」という記事を掲載した。

実力からみればビッグクラブにいてもおかしくないのに、何らかの理由によってそれを拒否する選手も世の中には多い。

そんな選手たちの代表的な例とは?

ウィルフリード・ザハ

ウィルフリード・ザハ

若くしてマンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれたものの、そこで失敗を経験したザハ。その後古巣クリスタル・パレスに戻り、著しい成長を見せている。

プレミアリーグのTOP6以外のクラブに所属する選手の中では、間違いなくトップクラスだ。今夏も移籍が噂されたが、彼は自分を救ったクリスタル・パレスと5年契約を結ぶことに決めた。