酒を飲んでいるときだけは幸せを感じられた。毎日飲んだ。飲めるものは何でも飲んだ。ワイン、ウイスキー、ウォッカ、ビール。ビールはかなりの量をね。

私はそれを止められなかった。そして、最終的にはインテルを離れることになった。

それ(アルコール依存)を隠す方法は知らなかった。

トレーニングセッションの朝には泥酔していた。いつも顔は見せたよ。完全に酔っ払っていてもね。

メディカルスタッフは、私を休憩室に連れて行って寝かさなければならなかった。

インテルは、私は筋肉系の問題を抱えているとメディアに報告していたよ。

その後、私は自分の周りの人が問題だったと気づいた。

友人たちは何もしてくれず、私をパーティへと連れて行き、女性とアルコールを楽しんだ。それ以外は何も考えていなかった。

ブラジルに戻った時、私は多くのお金を諦めた。しかし幸せを手に入れたんだ」