『東亜日報』

「左ウィングバックの遠藤渓太が攻撃の起点となることが多く、彼のオーバーラップ能力は目立っている。

そして、突破力とシュート力に優れた岩崎悠人の破壊力も韓国が注意すべき対象だ」
 
岩崎悠人
「日本では今大会でチーム最多となる4ゴールを決めている岩崎が注目される。

高校選手権出身で、Jリーグの京都サンガでプレーしている。

スピードのある彼は172cmで、イ・スンウ(173cm)と似たような体格をしている。

岩崎は4-2-3-1のフォーメーションを主体とする日本の左サイドから中央に進入して攻撃を展開する。ロングシュートも脅威だ。

韓国としては岩崎、遠藤、初瀬亮らのサイドアタックを阻止しなければいけない」

決勝戦は日本時間20時30分にキックオフされる。