『Cadena SER』は5日、「アルバロ・モラタは、アントニオ・コンテ監督時代より楽しめていると話した」と報じた。

昨季レアル・マドリーからチェルシーに加入したものの、なかなか継続した活躍が見せられずに終わってしまったモラタ。シーズン終了後にはワールドカップのメンバーからも落ちてしまった。

監督がマウリツィオ・サッリに変わった今季はどうか?そう聞かれた彼は以下のように話したという。

アルバロ・モラタ

(コンテ監督のときよりも、サッリ監督の下のほうが楽しめている?)

「そうそうそう。僕にとっては、そうだね。

理由がないわけではないよ。プレースタイルの問題だ。

あれは僕のスタイルではなかったし、少し苦しんでいたんだ。だからだよ。

また、シーズン中には怪我をしてしまったし、ちゃんと休みを取るべきだったと思う。

今日の世界では、批判されることは普通だ。チェルシーは僕に多大な努力をしてくれたんだ。それに応えられていない。2倍にして返さないと。

これだけのお金を出した選手が15ゴールで終わってはいけない。

人々は我々のことを機械のように思っているけど、もし3ヶ月休めば頭をクリアにして戻って来られた。しかし、僕はプロ選手だし、全力を尽くしたかった。もしあの頃に戻れるなら、2ヶ月は休むよ。

痛みがあった。ドイツに行って医師と会った。プライベートジェットを調達してね。

Instagramでのニセの人生を信じている人は、僕が妻とともに家にいたと思っているようだ。いつか、何があったのか本に書くさ」