■コンセプトを支えるキーマンたち

チームの基本コンセプトは「ロングカウンター」だ。自陣のやや深めの位置にブロックを形成し、奪ったボールは素早く前線に預け、逆襲を仕掛ける。

戦術の根幹を担うのが、L・ドミンゲス&イバの両助っ人だ。

イバとレアンドロ・ドミンゲス

卓越したスキルを持つ前者は、パスセンスを活かし配球役として絶大な存在感を発揮。密集地帯でもボールを失わないキープ力に衰えの色はなく、プレースキックの精度も流石だ。

また、得点源として君臨する後者は、両足と頭どこからでもゴールを奪えるフィニッシュワークの多彩さが魅力。長身を利したポストプレー、中盤に降りてのチャンスメイクにも冴えを見せ、まさに“ヨコハマのイブラ”と呼ぶに相応しい実力者である。

更に、飛躍の時を迎えた北爪も見逃せないプレーヤーだ。

北爪健吾

爆発的なスピードを誇るだけに、「ロングカウンター」との相性は抜群。一気にサイドを駆け上がり、決定的な仕事をこなす背番号14は相手に脅威を与えている。29試合に出場して4ゴール・8アシストを記録するなど、数字上のインパクトも◎だ。

そして、アンカーの佐藤は文字通り不可欠な存在である。気の利いたプレーを黙々とし続けるキャプテンは玄人好みの仕事人。

佐藤謙介

“ピッチ上の指揮官”として振る舞いつつバランスを取り、機を見た攻撃参加で得点にも絡む姿は、地味だが貢献度が非常に高い。