代表ウィークが終わり、再開されたJ1。各地で第30節が行われた(長崎対磐田戦は明日)。

ベガルタ仙台対サガン鳥栖戦では、フェルナンド・トーレスがJ1での2点目となるゴールを決めたぞ!

小野裕二からのクロスをファーに流す技ありヘッド!

この後に鳥栖は一旦同点とされるも、ジョアン・オマリの決勝点で2-3で勝利。

マッシモ・フィッカデンティ氏が退任し、この試合が金明輝監督の初陣だったが、4試合ぶりとなる白星を手にした。

トーレスも言っていたように、アウェイで勝つのは3月の第3節以来。

金監督も「アウェイで今年は1勝しかしていない中で、ベガルタ仙台もホームで強いことは知っていましたし、難しい試合になると想定していました。ただ、自分たちは引き分けでもいいという状態ではないので、しっかり点を取りにいこうと話し試合に臨みました。選手たちがしっかり戦ってくれて、結果も出してくれたので満足しています」と手応えを口にしていた。