『Tuttomercatoweb』は29日、「カメルーン代表監督のクラレンス・セードルフ氏は、ガットゥーゾを解任すべきじゃないと話した」と報じた。

2014年1月に現役を引退してミランの監督に就任したものの、前半戦の低迷を引きずった形でチャンピオンズリーグ出場権を逃し、わずか半年で解任されてしまったセードルフ氏。

クラレンス・セードルフ ミラン

その後はデポルティーボ・ラ・コルーニャを指揮し、夏からはカメルーン代表の監督に就任している。

彼は古巣であるミランについて以下のように話し、解任が噂されているガットゥーゾをチームに残すよう勧めたとのこと。

クラレンス・セードルフ

「ガットゥーゾを解任することは賢明ではないだろう。

まあ、まさに私をベンチから取り除いても全く意味がなかったことと同じだ。