日本人で初めてELでハットトリックを達成した南野拓実。

今回は、日本人選手が欧州の主要なリーグやクラブで達成したハットトリックの歴史を振り返ろう。実はその経験者全員が○○だったぞ。

豊川雄太(オイペン)

豊川雄太

直近にハットトリックを記録したのは、今年1月からベルギー1部オイペンでプレーする豊川雄太だ。

海外移籍前の豊川は、2016年AFC U-23選手権の準決勝イラン戦で決勝点をあげたもののリオ五輪には落選し、J1で結果を残したこともなかった。

それでも当時リーグ最下位のオイペンは豊川の獲得に動き、ディレクターのクリストフ・ヘンケル氏は「ユータは1部残留を目指すチームの手助けとなる」とコメント。

加入時のよくある“リップサービス”という感じであったが、今年3月11日に開催されたレギュラーシーズンの最終節ムスクロン戦でヘンケル氏の言葉が現実のものとなる。

残留に3ゴールが必要な段階で投入された豊川は、なんとそこからハットトリック(+1アシスト)を達成し、元フランス代表MFクロード・マケレレが率いるオイペンを奇跡的な残留へと導いたのだ。

クラブ史に残る偉業を成し遂げた豊川は試合後、ピッチへとなだれ込んだオイペンのサポーターから胴上げされるという珍体験も味わっている。