2016年からカザフスタンのカイラトでプレーしてきた元ロシア代表FWアンドレイ・アルシャヴィン。

クラブは今週末に行われるFKシャフタール戦がお別れ試合になるとして、彼の退団を正式に発表した。

カイラトのYoutubeチャンネルで「コーチとしてサッカー界に残りたい。でも、自分がコーチとして働くのは難しいだろうね」などと語っていたアルシャヴィン。「(延長オファーがなければ)どこにも行かない」とも述べており、37歳になった彼はついに現役を引退する見込みだ。

ビーチサッカーへの転向説もあるが、本人はそれについて否定的なコメントを口にしている。