ただ、他にも獲得候補は様々に伝えられている。

最も最優先で狙っているというのはズラタン・イブラヒモヴィッチ(LAギャラクシーFW)とステーファノ・センシ(サッスオーロMF)だという。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ
ステーファノ・センシ

ディフェンスではブラジル代表DFロドリゴ・カイオ(サンパウロ)がポールポジションにあると言われているが、上記のケイヒルやクリステンセン、さらに引退したはずのニコラス・ブルディッソ、アトレティコ・マドリーのディエゴ・ゴディンらも候補だそう。

そしてサイドバックではリヨンで出番を失っているオランダ代表DFケニー・テテを獲得に動いているとも。

ケニー・テテ

中盤にはセスク・ファブレガス(チェルシーMF)の噂もある。また、アヤックスのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク、セビージャのフランス代表FWウィサム・ベンニェデルもリストアップされているものの、彼らは1月の獲得はかなり難しいと考えられているようだ。

「野戦病院」となっているミラン。ファイナンシャル・フェアプレー制度の監視対象になっている状況で、あまりお金が使えない中、どのような選手がやってくるのだろうか?