先日、今季限りでの現役引退を表明したディディエ・ドログバ。

マルセイユ時代の活躍が認められて、2004年にチェルシーへ移籍。一時代を築き上げて“レジェンド”と呼ばれるまでになる。その後は幾つかのクラブでプレーし、最後はアメリカ独立リーグのフェニックス・ライジングでスパイクを脱いだ。

ここでは、そんなドログバの“記憶に残る”ユニフォーム姿や、“記録に残したい”ユニフォーム姿をまとめてみた。

Guingamp 2002-03 adidas Home

ギャンガン 2002-03 adidas ホーム(リヨン戦)

ユニフォーム:ギャンガン/2002-03/ホーム 背番号:11

ル・マンを経て2001年にギャンガンへ加入。2シーズン目は公式戦39試合で21得点を記録し、マルセイユへとステップアップを果たす。

Olympique Marseille 2003-04 adidas Third 'UEFA Cup'

マルセイユ 2003-04 adidas サード(UEFAカップ決勝・バレンシア戦)

ユニフォーム:マルセイユ/2003-04/サード(UEFAカップモデル) 背番号:11

2003年にマルセイユへ入団。ギャンガン時代と同じく公式戦39試合で21得点を記録している。UEFAカップは決勝戦でバレンシアに敗れたが、準優勝に貢献した。グレーのユニフォームは、UEFAカップを中心に使用したサードキット。