そして言った。『こんな形で終わりたくはない。足を引きずりながら、あいつは終わったと言われながら終われない。オレが歩むと決めた道を進む』

新しいチャレンジだった。準備ができた時、オレは戻りたいと言った。これまでと同じようなプレーができたよ。

それができなくなった時には、サッカーを辞めるよ。慈善活動のためにやっているわけではないからな。

まだ怪我があるなかで選出されたときには、モウリーニョ監督に言ったよ。

『オレは貴方にも仲間にも失望させたくない。怪我をする前のズラタンがいた。そして今、怪我をしたズラタンがいる。これまでのようなズラタンはいない。このズラタンを見せるわけにはいかない。準備ができていないから』

ユナイテッドでの2年目は本当に準備ができていなかったし、違った感じだったよ。ゼロからのスタートのようだったし、オレの膝にサッカーを教えなければならなかったからね。

自信を取り戻してからは、オレは新しい環境を必要としていた。快適さを感じられる場所をね」