今夏、Amazonにオフィシャルストアを開設したナポリ。これによって配送などが容易になり、ファンの元にグッズが届きやすくなった。

そして今回、クリスマスの季節に合わせて特別な企画が行われたようだ。

ナポリのユニフォームを注文してくれたファンの元へ、カルロ・アンチェロッティ監督が直接訪問して商品を届けるというものだ。

アンチェロッティ監督が向かったのはミラノに在住しているファン3名の自宅だ。その模様はこちら。

最初に届けたファンは「マンマ・ミーア」(なんてこった!)といいつつサインを貰い、最後まで「ホンモノかい?」と信じられない様子…。羨ましいぞ!

Jリーグでもこのようなキャンペーン、どんどんやってほしい!