今年2019年に開催されるビッグイベントの一つ、FIFA U-20ワールドカップ。前回大会に続き出場を決めている日本は、影山雅永監督のもとで世界の舞台に臨む。

この年代の注目選手の一人である平川怜は、1歳年下の久保建英とともに2017年のU-17ワールドカップで活躍。同年11月にFC東京とプロ契約を結び、同クラブでは日本人史上最年少となるJ1デビューも飾った。

平川怜

迎えた2018シーズン。平川は高校3年生ながらそのプレーが注目されていたが、怪我もあり難しい一年を送ることとなった。

消化不良といえるシーズンの中で、彼は何を感じたのか。長く一緒にプレーしている久保との関係性などともに聞いてみた。

「すごく物足りないシーズン」

――平川選手にとって昨シーズンはどういう一年でしたか?

怪我から始まって出遅れてしまい、そこから復帰しコンディションを上げるのにも時間がかかりました。その結果試合に絡めず、J1で1試合、天皇杯でも1試合のみの出場に終わってしまったので、個人的にはすごく物足りないシーズンでした。

――トップチームの指揮官が長谷川健太監督になって、チームのスタイルなどもだいぶ変わった印象です。

新しい監督になったことで当然スタイルも変わり、そのスタイルに自分を合わせてプレーしていたんですけど、なかなか監督にアピールできずに終わってしまったかなとは思っています。