ベシクタシュへローン移籍した香川真司が衝撃的な新天地デビューを果たした。

アンタルヤスポル戦の残り9分という時間帯に投入されると、いきなり2ゴールを叩き出したのだ。

試合後には味方選手たちから祝福を込めたハグをもらう場面もあり、いかに強烈なインパクトだったかが窺える。

『Hürriyet』によれば、香川はトルコのSNS上でも“爆発”していたという。

「大空翼をベシクタシュに連れて来たのは誰だ」などと現地ファンたちは驚きの反応を見せていたとか。そして、やはり『キャプテン翼』がネタになるようだ。

これ以上ない最高の形でデビューを飾った香川。チームは財政難にあるとも伝えられているが、英雄的な活躍を続けることはできるだろうか。