悲願のプレミアリーグ初優勝を目指すリヴァプール。だが、レスター戦に続き、第25節ウェストハム戦にも1-1で引き分けてしまった。

これで2位マンチェスター・シティとの勝点差は3ポイント。

そうした中、元リヴァプールDFジェイミー・キャラガーの発言が話題になっている。

『Liverpool Echo』によれば、古巣リヴァプールよりも宿敵マンチェスター・ユナイテッドのほうが強い、と口にしたという。また、DFナサニエル・クラインを冬に放出してしまったユルゲン・クロップ監督の判断はミスだったとも述べたようだ。

Sky Sportsの「Monday Night Football」に出演した際にこう語ったそう。

ジェイミー・キャラガー

「昨日、私はマンチェスター・ユナイテッドはリヴァプールよりいいスカッドを有してると言った。

人々はおかしなことを言っていると思ったかもしれない。だが、我々はそのわずかな前兆を見ている段階だと思う」

「右サイドバックの状況において、クロップはクラインを放出するミスを犯した。

怪我人がいる。彼を行かせる必要はなく、保持すべきだった」

「目下、ジェームズ・ミルナーが(右SBとして)2度プレーした。

だが、長い間左サイドバックとしていいプレーをしていた選手とは信じられない(パフォーマンスだ)。

彼は完全に適所から外れているように見える」

ただ、リヴァプールの現状を憂いつつ、それでもまだ首位であり優勝を狙える立場にあるという見方も示していたようだ。来週からはCLも再開されるため、ここからが正念場になる。