冬といえば、駅伝やマラソンなど長距離ランナーが注目を浴びる季節だ。さらに2019年は「マラソンの父」金栗四三が大河ドラマの主人公という年でもある。

そこで今回は、CL・ELの決勝トーナメントが始まる2月の過密日程でも走り回ってくれるであろう、ビッグクラブの誇る走力自慢の5選手をピックアップしたので紹介したい。

※データは1月28日現在

マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル)

マルセロ・ブロゾヴィッチ

現在、欧州サッカー界において「最も走っている選手」がブロゾヴィッチだ。

昨年のロシアW杯では、120分を戦った準決勝のクロアチア対イングランド戦で16.399kmという驚異的な走行距離を記録してその運動量がクローズアップされることとなった。

今シーズンのインテルでも1試合平均12km台という走行距離を記録しており、セリエAでもCLでも走行距離で全選手中トップの数字を残しているのだ。

インテルでは既に5シーズン目を迎えているが、選手の入れ替わりが激しいチームにおいて、走力とテクニックでいつでもチームメイトの助けになれるブロゾヴィッチの存在は非常に大きいと言えるだろう。