『Mirror』は13日、「欧州サッカー連盟(UEFA)は13日、マンチェスター・ユナイテッドとPSGの試合における事件を調査している」と報じた。

先日行われたUEFAチャンピオンズリーグ・ベスト16の1stレグ、マンチェスター・ユナイテッド対PSGは0-2という結果で終了した。

しかしその試合中にはいくつかの事件が発生しており、アンヘル・ディ・マリアに対してはビールや水のボトルが投げ込まれていた。

マンチェスター・ユナイテッドには「ファンが障壁を超えて物を投げたこと」、PSGには「花火をしたこと、物を投げたこと、器物損壊など」の罪があったという。

『Manchester Evening News』によれば、オールド・トラッフォードでは約800席が破損しているとのことだ。

【関連記事】CLで対戦のユナイテッドとPSG、両チームでプレーした4名のスーパースター

この事件については2月28日に行われるUEFA懲戒委員会で話し合われ、両チームへの制裁が言い渡される予定だそう。