『Planet Football』は14日、「イングランド・プレミアリーグの上位勢が残している試合から難易度を測る」という記事を掲載した。

シーズンも折り返しを過ぎてクライマックスが近づいていたプレミアリーグ。「ビッグ6」と呼ばれるクラブが上位を占める中、激しい戦いが繰り広げられている。

それでは、残りの試合で「ビッグ6」が対戦する相手の順位を一覧にしたものを見ていこう。

【関連記事】後半戦のプレミアリーグを「決める」10名のキープレーヤー

マンチェスター・シティ(1位)の対戦相手

マンチェスター・シティ
  • ウェストハム:10位
  • ボーンマス:11位
  • ワトフォード:8位
  • マンチェスター・ユナイテッド:4位
  • フラム:19位
  • カーディフ:17位
  • クリスタル・パレス:13位
  • トッテナム:3位
  • バーンリー:15位
  • レスター・シティ:12位
  • ブライトン:14位

残りの対戦相手の平均順位:11.5位

マンチェスター・シティの相手は平均すると10位よりも下で、難易度は高くはない。トッテナムとマンチェスター・ユナイテッド戦だけが懸念事項か?