『FourFourTwo』は4日、「後半戦のプレミアリーグを左右するであろう10名の重要な選手」という記事を掲載した。

冬のマーケットを終えて、全てのチームが後半戦に向けたメンバーを確定させた。それでも5月までは長い戦いが待っており、カップ戦を残しているチームはハードなスケジュールを余儀なくされる一方、リーグに集中できるチームも現れてくる。

重要な残り4ヶ月の戦いに向けて、違いを作ってくれそうな10名の選手とは?

サロモン・ロンドン(ニューカッスル)

サロモン・ロンドン

驚くべきことに、ニューカッスルはこの1月にいくつかの大型補強をした。ミゲル・アルミロンに2100万ポンドを費やし、クラブ記録を更新した。

とはいえ、アルミロンが何かをチームにもたらすとしても、残留争いで違いを作れるかどうかはサロモン・ロンドンにかかっている。

技術的なセンターフォワードではないが、ターゲットマンとしては優秀であり、空中戦に強みがある。アルミロンの能力を生かすためにも彼は重要だ。

ジェルダン・シャキリ(リヴァプール)

ジェルダン・シャキリ

リヴァプールとマンチェスター・シティの違いは何かといえば、明らかに選手層だ。後半戦ではそれも結果に大きく繋がってくるだろう。

ただ、今季のリヴァプールにはシャキリがいる。彼は明らかに欠陥がある選手であり、それがベンチに置かれる理由であるが、苦しい時に頼める存在でもある。

彼の価値は一種の両刃の剣であるが、他の選手とは明らかに違うものを持つ。終盤にプレッシャーがかかる状況になるにつれて、その価値は高まっていくだろう。