ブンデスリーガ6連覇中のバイエルン・ミュンヘン。ニコ・コヴァチ新監督のもとで前半戦は苦しんだが、ここにきて調子を取り戻しつつある。

そうした中、『Bild』は「バイエルンのスター選手がコヴァチを非難」というニュースを報じた。

バイエルンのブラジル人DFラフィーニャが指揮官への不満を露わにしたようだ。

バイエルンのブラジル人DFラフィーニャ
ラフィーニャ(バイエルンDF)

「ここ最近、監督は自分に対して誠実ではない。

自分は練習でパフォーマンスを見せている。自分自身をやる気にさせるのが難しい」

33歳のラフィーニャは2011年からバイエルンに所属してきたが、今季は出場機会を減らしている。

練習でのパフォーマンスを監督が評価しておらず、モチベーションを保つのが難しくなっていると明かしたようだ。同紙では「この声明は論争を起こす爆発性がある」とも伝えているが…。