UEFAチャンピオンズリーグで前人未到の3連覇を成し遂げたレアル・マドリー。

だが、4連覇を狙った今季はあえなく敗退したことで、シーズン後の大改革も噂されている。

ここでは、『sportskeeda』による「プレミアリーグに移籍すべきレアルの3選手」を見てみよう。

【関連記事】 「プレミアリーグクラブが獲得すべき8人の優秀ストライカー」

マルコ・アセンシオ

マルコ・アセンシオ

彼は偉大な選手になれるポテンシャルを秘めた才能ある若手だ。ただ、チームの低調によって、その可能性が制限されてしまっている(彼自身も不調だったはずだが)。

アセンシオは自身のキャリアを復活させるために、クオリティあるFWを探しているイングランドのエリートクラブに移籍する必要がある。

今季は出場数のわりにゴール数が伸びておらず、その数字からすると獲得はギャンブルになると思われるかもしれない。だが、チームケミストリーに問題がない正しいシステムでなら活躍できるはずだ。

理想的な新天地はチェルシーになるだろうが、彼らは補強禁止処分を科されてしまった。

その結果として、リヴァプールやトッテナムのようなクラブがこの夏に彼を獲得しようとしたとしても驚きではないだろう。