UEFAチャンピオンズリーグ、アトレティコ・マドリーはショッキングな形で敗退が決まった。

ラウンド16で対戦したのはユヴェントス。ホームでの1stレグには2-0で先勝していたものの、2ndレグでは0-3と完敗したのだ。

レアル・マドリー時代にも何度も煮え湯を飲まされたクリスティアーノ・ロナウドにハットトリックを食らうという展開…。

『Sky』によれば、アトレティコFWアントワーヌ・グリーズマンは試合後にこう述べていたそう。

アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコFW)

「やりたかった試合をできなかった。

悪い夜だった、ユヴェントスをより楽にさせてしまった。

みんな失望している、僕らはプレーができなかったのでね。

自分も十分じゃなかったし、テンポも悪かった。ユヴェントスは全てのレベルで僕らを上回っていたよ」

「1stレグを2-0で勝っていたことを考えれば、言えることはあまりない。

何が起きたのか分からないよ。バイエルン戦を少し思い出させたけれど、あの時の自分たちはいくらかの調整ができた。

今日はユーヴェが全てにおいて上だった」

【関連記事】 グリーズマンもいるぞ!フランス代表「冬の私服ファッション」まとめ

全く思い通りの試合ができず、かなりショックだったようだ。