プレミアリーグ第33節、セント・メリーズで行われたサウサンプトン対リヴァプール戦。

サディオ・マネやフィルヒル・ファン・ダイクにとっては古巣対決でもあった。『Sky Sports』によれば、試合前にリヴァプールのユルゲン・クロップ監督はファン・ダイクについてこう述べていたそう。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「我々が支払ったような金額を選手に費やす場合、確信がなければいけない。

100パーセントの確信が必要だ。そして、我々にはそれがあった」

「彼はサウサンプトンでも同じレベルにあった。

だが、世界中は見ていなかったんだよ」

【関連記事】最も価値を上げたセンターバックTOP10!

ファン・ダイクはセインツでもすでに同レベルにあったものの、今ほど多くの人達が見ていなかっただけと口にしていたとのこと。