『Daily Mail』は1日、「フリートウッド・タウンのジョーイ・バートン監督は、2回のスピード違反で有罪判決を受けた」と報じた。

記事によれば、バートンは昨年10月20日に高速道路において速度超過の運転をしていたことで起訴されたそう。

さらに12月5日にも一般道で制限速度を超える運転をしていたことで検挙されており、繰り返しのスピード違反によって罰則を言い渡された。

バートン氏はそれらの罪を認め、半年間の運転免許剥奪、そして合計999ポンド(およそ14万5000円)の罰金を支払うことに合意したという。

バートン氏はこれまでも2009年、2010年、2017年にスピード違反の罪を犯しており、その際にも罰則を受けていた。

【関連記事】プレミアリーグで今季価値を急落させている7名

先日バーンズリーとの試合の後、相手の監督であるダニエル・ステンダル氏を襲撃したとして捜査を受けていたバートン氏。

その事件については容疑を否認していた彼であるが、今回のスピード違反については罪を認めたようだ。