日本サッカー協会(JFA)は7日、今月23日にポーランドで開幕するU-20ワールドカップの出場メンバー21名を発表した。

GK:

1. 若原 智哉 / Tomoya Wakahara
(京都サンガF.C.)

12. 茂木 秀 / Shu Mogi
(セレッソ大阪)

21. 鈴木 彩艶 / Zion Suzuki
(浦和レッズユース)

DF:

2. 東 俊希 / Shunki Higashi
(サンフレッチェ広島)

15. 鈴木 冬一 / Toichi Suzuki
(湘南ベルマーレ)

4. 瀬古 歩夢 / Ayumu Seko
(セレッソ大阪)

17. 三國 ケネディエブス / Kennedyegbus Mikuni
(アビスパ福岡)

5.菅原 由勢 / Yukinari Sugawara
(名古屋グランパス)

19. 喜田 陽 / Hinata Kida
(アビスパ福岡)

3. 小林 友希 / Yuki Kobayashi
(ヴィッセル神戸)

MF:

10.齊藤 未月 / Mitsuki Saito
(湘南ベルマーレ)

7.伊藤 洋輝 / Hiroki Ito
(名古屋グランパス)

6.郷家 友太 / Yuta Goke
(ヴィッセル神戸)

8.藤本 寛也 / Kanya Fujimoto
(東京ヴェルディ)

16.山田 康太 / Kota Yamada
(横浜F・マリノス)

18.滝 裕太 / Yuta Taki
(清水エスパルス)

9. 斉藤 光毅 / Koki Saito
(横浜FC)

FW:

11.田川 亨介 / Kyosuke Tagawa
(FC東京)

13.宮代 大聖 / Taisei Miyashiro
(川崎フロンターレ)

20. 中村 敬斗 / Keito Nakamura
(ガンバ大阪)

14. 西川 潤 / Jun Nishikawa
(桐光学園高校)

18. 原 大智 / Taichi Hara
(FC東京)

※滝裕太の負傷により原大智を追加招集(5/13)

影山雅永監督に率いるチームは、東京五輪に向けた意味でも注目が集まる世代。

先日よりコパ・アメリカへ招集されることが伝えられる大迫敬介、久保建英、安部裕葵の3選手が外れた。また、AFC U-19選手権で主将を務めた橋岡大樹、守護神だった谷晃生はケガで招集外となっている。

【関連記事】久保建英に匹敵!U-20W杯、日本と戦う末恐ろしい神童たち

グループBの日本は23日にエクアドル、26日にメキシコ、29日にイタリアと対戦する。