『Football London』は19日、「今夏アーセナルが狙う『新しいヴァラン』ウィリアン・サリバとは何者なのか」という記事を掲載した。

夏のマーケットではそれほど多くの予算を使うことは出来ないと考えられているアーセナル。

アーセン・ヴェンゲル体制が終わり、チームには大きな変革が行われた。それにしたがって多くの投資が行われたため、これ以上のお金を投入することはできない。

そのため今夏はとにかく効率のいい補強が求められている。そしてファンの投票では90%以上が「センターバックを優先して獲得すべき」と主張したそう。

ムスタフィが不安定、コシェルニが怪我がち、ホールディングが長期離脱、リヒトシュタイナーはCBに対応しきれず…とあって、最終ラインの補強は確かに急務となっている。

しかしながら、フィルヒル・ファン・ダイクが移籍した際の価格、そしてマタイス・デ・リフトにどれだけのチームが群がっているかを見ても分かる通り、いいディフェンダーの価値は急上昇している。

その中で、アーセナルが狙っているのはフランス・リーグアンのサンテティエンヌに所属している18歳のセンターバック、ウィリアン・サリバという選手であるという。

エムバペ父の弟子

フルネームはウィリアン・アラン・アンドレ・ガブリエル・サリバ。一般的にはウィリアン・サリバと呼ばれている。彼は現在サンテティエンヌでプレーしている18歳のディフェンダーだ。

フランスのボンディで生まれた彼は、地元のASボンディで6年間プレーした後FCモンフェルメイユに移籍。2016年にサンテティエンヌのユースに加入した。

ウィリアン・サリバ

そして1年前、17歳で初めてのプロ契約を結んだ。様々な年代のフランス代表でプレーし、U-16~19に入ってきた。またルーツを持っているカメルーンの代表に入る権利もある。

ウィリアン・サリバ

「生まれた街であるASボンディで初めてプレーを始めた。当時は初心者だった。最初のコーチは、キリアン・エムバペの父親のウィルフリード・エムバペだった。

彼は率直に言って厳しい人だったね。いい試合をしたときでも、彼はもっと多くを要求した。現状に満足することを好まなかったんだ」